20歳のプレゼントの実印

私の名前は父が名付けてくれ、漢字一文字です。
ありふれた漢字なのですが、同じ読み方の人には今までに出逢った事はありません。
幼い頃は絶対に最初は正しい読み方で読んでもらえなかったのを嫌だと感じた事もありました。
でも印象的なので一度聞いたらみんな忘れないでいてくれます。

 

物心が付く頃にはそんな事も気にならないくらいに自分の名前がどんどん好きになりました。
そして20歳の誕生日に両親からのプレゼントで真珠のネックレスと実印をもらいました。
大人の仲間入りという事で冠婚葬祭で使える真珠のネックレスと、車を購入する予定だったので実印をプレゼントしてくれたようです。

 

女の子は結婚したら苗字が変わってしまうかもしれないので、一生使えるようにと名前の実印を作ってくれました。
自己満足かもしれませんが漢字一文字だと判子にするとまとまりがよく、格好いい感じがしてとても気に入りました。
18歳で免許をとってからは母のお下がりの車を乗っていましたが、社会人になる時にはアルバイトで貯めたお金を頭金にして新車を購入すると決めていました。
20歳で社会人になり、憧れの車を購入する際にプレゼントしてもらった実印を初めて使いました。
もちろん車を購入した事もうれしかったですが、大切なプレゼントを初めて使ったという記念になったのもうれしかったのを覚えています。

 

10年以上経ちましたが、私の愛車は今でも変わりません。
そして去年、私にも子供が産まれました。
名前は私と同じように漢字一文字で名付けました。
将来に向けて息子用の口座を作って、少しずつ積立てています。
その際に作った銀行印は私の実印と同じように名前で印鑑通販にて作りました。
これもまた格好よくて気に入っています。

 

まだまだ先の話になりますが、私も息子の20歳の誕生日には名前で作った実印をプレゼントしようと決めています。
実印をプレゼントされた20歳の時も両親がいろいろ考えて選んでくれたプレゼントがうれしかったですが、自分も親になってみて初めて両親の思いを理解出来た気がします。

 

息子がお腹に来てくれた日から会えるのを楽しみに過ごし、どんな名前を付けようか悩みに悩みました。
悩んだ末に息子の将来が素晴らしい物になるように思いを込めて付けた名前を実印という形にして残してあげるなんて素敵だなと思います。
これから息子が20歳を迎えるまでには楽しい事ばかりではなく、いろいろな事に悩みながら子育てしていく事になると思います。
それでも20歳を迎えた息子が私と同じように喜んでくれたらうれしいし、その後の息子の人生の一大イベントにプレゼントした実印が登場してくれると思うと今からとても楽しみです。

更新履歴